IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

東京エレクトロン デバイス株式会社

レポート

東京エレクトロン デバイス株式会社

コントローラー性能で大きな差、検証で分かったDBに最適なオールフラッシュの条件

データベースシステムのボトルネックを解消するために導入が進むオールフラッシュストレージ。製品によってストレージコントローラー性能などに違いがあるが、DBに最適なタイプとはどのようなものだろうか。OLTP検証結果を踏まえつつ、選定ポイントを解説する。

コンテンツ情報

公開日 2016/09/06 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 4.12MB

要約

 データベース(DB)環境のボトルネックを解消する方法として、オールフラッシュストレージへの移行が進んでいる。しかし、一口にオールフラッシュといっても、複数のタイプがあり、どれがベストなのかは実際にOLTPを検証してみるまではなかなか分からない。

 一般的にDBに求められるオールフラッシュの条件としては、必要十分なストレージ性能を安定的に提供できること、障害発生時の性能影響が低いことが挙げられるが、特に注目したいのがストレージコントローラーの冗長化方式だ。これには「Active/Standby」「Active/Active」「スケールアウトSAN」などの方式が取られるが、どれも一長一短がある。

 そのため、これまでの製品選びでは、方式の違いによる障害時の動作まで検討する必要があった。ところが、近年はこれらの方式のデメリットを排除し、マルチパスの容易性、障害発生時でも変わらない性能、コントローラーの拡張性の全てを実現する製品が登場している。本コンテンツでは、OLTP検証結果を基に、その基本構造と効果を解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。