IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

東京エレクトロン デバイス株式会社

製品資料

東京エレクトロン デバイス株式会社

DB刷新はストレージから――分析回数・範囲に響くI/O遅延の課題を解消

これまでサーバやネットワークの進化のペースに追い付くことができずにいたストレージが、現在、多くのデータベース環境でボトルネックとなっている。いまや避けられない課題となったストレージ刷新で選ぶべき製品とは何か。技術的な背景を踏まえつつ解説する。

コンテンツ情報

公開日 2016/09/06 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 30ページ ファイルサイズ 2.38MB

要約

 ネットワークの帯域は9カ月ごとに倍になり、CPUやメモリの性能は18カ月ごとに倍になるといわれるように、サーバやネットワークはこの10年で大きく進化した。それに比べて、ディスク性能の進化は15年間で見ても100倍程度にとどまるという。

 このような進化のギャップにより、多くのデータベース(DB)環境がストレージのI/O遅延というボトルネックを抱えるようになった。特にアプリケーションのパフォーマンスは最も遅いI/Oによって決定されるため、分析系クエリや分析ジョブの実行を考えるとき、ストレージ環境の刷新は避けては通れない課題となる。

 そこで、DBに最適なストレージ環境を構築する方法として選ばれているのがオールフラッシュ製品だ。本コンテンツでは、CPU利用率やI/O遅延などの課題を技術面からも分かりやすく解説し、DB環境の性能/運用性/利便性の向上とコスト削減を同時に実現するオールフラッシュ導入のアプローチを具体的に紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。