ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

KYODOU株式会社

製品資料

KYODOU株式会社

「やっぱりExcelがよかった」、勤怠管理ツール導入のよくある失敗を防ぐには?

勤怠管理を効率化するために専用ツールを導入したものの、社員の評判が悪かったり、余計に管理が不便になったりして、活用が進まないことがある。このような失敗をしないためには、パッケージソフトやクラウドサービスの弱点を見極めた製品選びが必要となる。

コンテンツ情報

公開日 2016/08/22 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 1.48MB

要約

 勤怠管理ソフトを導入したものの社員の評判が悪かったり、余計に管理が不便になったりして、結局、元のExcelファイルが使われるといったケースは少なくない。このような失敗の多くは、「勤怠管理に特化した製品ならどれでも大丈夫」という勘違いから生まれている。

 パッケージソフトは専門的な管理機能や集計機能などを豊富に備え、操作も簡単に行える。しかし、エンドユーザーである社員にとっては「これまでと項目名が違う」「機能が増えて、操作が複雑になった」といった操作性の方が大きな問題となる。

 あるいは、直行直帰、変形労働、休日出勤など、さまざまな形態に対応するために、システム化によって逆に勤怠管理が複雑化することもある。そこで、本コンテンツでは、Excelの操作性と、あらゆる打刻情報を一元管理できるクラウドの特性を生かしたハイブリッドな解決法を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。