ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ニフティ株式会社

製品資料

ニフティ株式会社

AWSやAzureがトップ3圏外、独自クラウドが発達した中国で選ぶべきサービスは?

中国でビジネスを展開する日本企業にとって、悩みの種となるのがクラウド利用の困難さだ。品質や使い勝手の点で満足できるサービスを選択するポイントには、どんなものが挙げられるだろうか。中国のクラウド事情や本田技研などの導入事例とともに解説する。

コンテンツ情報

公開日 2016/08/09 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 17ページ ファイルサイズ 2.85MB

要約

 近年、中国でビジネスを展開する日本企業の大きな悩みとなっているのが、自社が求めるレベルのクラウドサービスが見当たらないことだ。中国では、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」ですらトップ3に入れないほど、独自クラウドの普及が進んでいるが、そのサービスのレベルについてはまだ発展段階にある。

 そこで課題となるのは、言語や通貨の問題だけではない。大規模な障害やチャットで行われるサポートなど、日本ではあまり考えられないような状況を想定しなければならないのだ。そのため、日本語によるサポートなど望むべくもないと多くの企業が考えていた。
 この状況を大きく変えたのが、中国でビジネスを展開する日本企業が要求する機能を備えた日本企業向けクラウドサービスだ。日本語・英語・中国語に対応し、現地スタッフの誰もが言語を意識せずに利用できる日系クラウドのメリットについて、本田技研や日系衣料メーカーでの導入事例と合わせて紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。