ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社アシスト

製品資料

株式会社アシスト

ビジネスルールの柔軟かつ迅速な変更で商機をつかむ、BRMS基盤活用の勘所とは?

企業の競争力の源泉は個々のビジネスルールにある。顧客のニーズに的確に対応できるビジネスルールを、柔軟かつ素早く運用できることが優位性を生み出す条件だ。このルールの運用にはさまざまな課題があり、それを解決する手段としてBRMS(Business Rule Management System)基盤が注目されている。

コンテンツ情報

公開日 2016/08/01 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 30ページ ファイルサイズ 647KB

要約

 ビジネスルールは、「ある条件下で一定期間割引サービスを行う」といったものから、「金融市場の状況に合わせて投資ガイドラインを適宜変更し、適用する」「査定を厳密に行いながら素早くサービス提供をする」といったものまで幅広く存在している。従って、ビジネスルールは常に効果を最大化させるために変更することが重要となる。

 例えば割引サービスが可能かどうかを各種業務データから判断する場合、必要条件をクリアしていれば、すぐに実際の決済で適用する。しかし、これらの作業が遅れてしまってはせっかくの商機も失われてしまう。また投資や査定のガイドラインの変更が市場の変動スピードに追い付けないと、柔軟なサービスを提供できず、競争力を失ってしまう。

 競争力の高い企業は、複雑なロジックで構築されたビジネスルールの変更や適用を可能な限り簡素化・自動化し、現実のビジネス運用に迅速に展開するIT基盤を活用している。本コンテンツはその基盤としてBRMSツールを取り上げ、複数の成功事例を紹介しながら活用の勘所を分かりやすく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。