IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ピー・シー・エー株式会社

製品資料

ピー・シー・エー株式会社

高くそびえる経理の壁、アジア地域での事業に強くなるERPとは?

アジアでの事業展開を目指す企業が直面する課題に、現地の会計・税務制度への対応がある。現地で使われる会計ソフトと連携が取れなければ、連結決算の書類作成が難しくなるだけでなく、正しい経営判断もできなくなる。

コンテンツ情報

公開日 2016/06/08 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 2.11MB

要約

 近年、中小規模企業においてもアジア地域での事業展開を目指す企業が増えているが、中には現地の会計・税務制度が大きな壁となり、苦戦するケースが多く見られる。特に国内での経営戦略にERPを活用している企業ほど、現地国会計や税務制度への不適合を起こしやすい。現地の会計ソフトからは、海外拠点の財政状態を読み取ることが難しく、本社で適切な経営判断ができないからだ。このような状況では、連結決算のための勘定科目への組み替えすら困難な課題となる。

 そこで注目なのが、中国、韓国、フィリピン、ベトナム、マレーシアの会計ソフトメーカーによるグローバルアライアンス「ALAE(アーレイ)」だ。現地会計ソフトとの連携により、導入・保守費用や経理スタッフの研修費用等の軽減が可能となる。また簡易翻訳機能により、中国語や韓国語等の摘要文を日本語でも表示できるので、親会社の経理部でも仕訳レベルで調査ができるのである。さらに日本語マニュアルの提供により、現地会計ソフト機能を日本でも把握できる点もポイントだ。それではグローバル会計処理の方法について詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。