IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ピー・シー・エー株式会社

製品資料

ピー・シー・エー株式会社

海外現地法人と財務連携ができない――「会計ソフト」がアジア展開の落とし穴

中国や韓国などのアジア地域で事業を展開するようになると、会計ソフトの違いにより連結決算データの作成などが困難になる。その解決策として、アジア主要国に共通するフォーマットを採用した会計ソフトが注目されている。

コンテンツ情報

公開日 2016/04/28 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.83MB

要約

 近年、中国や韓国をはじめとするアジア地域で事業展開する企業が増えているが、これらの企業にとって頭の痛い問題となっているのが、各国の現地法人が独自に導入した会計ソフトだ。

 日本の本社でデータを統合しようにもフォーマットが異なるなど、正確な連結決算データを素早く作成できないケースもある。その他にも、「海外における財務状況や仕訳明細が把握できない」「海外現地法人で内部統制などのガバナンスがとれていない」「各国の税制などの違いが理解できない」といった担当者の嘆きが聞かれる。

 そこで注目されるのが、中国、韓国、インド、フィリピン、ベトナム、マレーシアなどの会計ソフトメーカーや会計事務所が加盟する会計のグローバルアライアンス「ALAE(アーレイ)」だ。ALAEの共通フォーマットに準拠した会計ソフトによる、グローバル会計処理の方法について具体的に見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。