IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

講演資料

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方

Skylake搭載デバイスにおける「Windows 7/8.1」のサポート期間が2018年7月17日に終了する。「Windows 10」への移行までの猶予期間としては十分だが、将来を見据えるのであれば、PC運用の見直しとその先にある業務改善を同時に進めるアプローチも考えたい。

コンテンツ情報
公開日 2016/04/25 フォーマット PDF 種類

講演資料

ページ数・視聴時間 30ページ ファイルサイズ 1.64MB
要約
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移行が不可避であることを考えると、これを機に新ポリシーに対応した運用を検討しておきたい。

 重要なポイントは、Windows 10の更新オプションだ。「Current Branch」(CB)、「Current Branch for Business」(CBB)、「Long-Term Servicing Branch」(LTSB)の3つの更新オプションがあるが、CB/CBBには短いサイクルでのアプリケーションの検証とアップデートが、ライフサイクルの長いLTSBはソフトウェアアシュアランスの購入が必要となる。そのオプション選択に適したPC環境の見直しには、アプリケーションの仮想化が有効である。

 本ホワイトペーパーでは、Windows 10への移行を仮想化による業務改善にもつなげるというアプローチについて解説している。Windows 10への移行を機に、PC環境の運用管理の面から更新オプションをどのように選び、その選択に適したアプリケーションの仮想化は具体的にどのように展開したら良いのか。その方法や利用シナリオについて、詳しく見ていこう。