IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

製品資料

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

VDIの課題を解決、ハードウェア占有型リモートデスクトップの実力とは?

VDIなどの仮想デスクトップの導入を検討したものの、パフォーマンスや運用管理への懸念から導入をためらう企業は少なくない。そこで注目されるのが、物理PCに劣らないパフォーマンスを備えたハードウェア占有型のリモートデスクトップだ。

コンテンツ情報
公開日 2016/04/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 480KB
要約
 ワークスタイルの多様化に伴い仮想デスクトップが普及する中、既存のデスクトップ仮想化には、「物理PCと比べスムーズに動かない」「導入にはサーバ仮想化やインフラ構築スキルが必要である」といった懸念が挙げられる。

 そこで、従来型仮想デスクトップの代替として注目されるのが、ハードウェア占有型リモートデスクトップである。仮想化を使わないHDI(Hosted Desktop Infrastructure)ソリューションは、ユーザーごとにGPUやSSDまで含めたハードウェア環境を占有で用意するため、VDIのリソース面での課題を解決する。また、運用管理面においても特別なスキルを必要としないため、導入や運用管理の業務負荷も抑えられる。

 本コンテンツは、ハードウェア占有型リモートデスクトップソリューションについて、解説している。物理リソースからOS、アプリまでを全て占有利用することで、ユーザーはPCを快適に利用でき、一方で、IT部門は統合デスクトップ管理でPC管理業務を軽減できる。プロセッサコア、メモリなど4項目について、標準的なVDIとのパフォーマンス比較も検証しており、仮想デスクトップの機能と物理PCのパフォーマンスの両立を検討する際の参考として、ぜひ確認してほしい。