ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

インフォテック株式会社

事例

インフォテック株式会社

プライベートクラウドで帳票基盤を構築、強固な安全性の請求書発行システムを実現したアサヒグループの工夫

本社内のプライベートクラウドにアクセスして、各拠点がさまざまな業務を行うケースが増えてきた。帳票印刷もこうした仕組みの中で効率的に実施するようになるが、その際にはさまざまな留意点がある。

コンテンツ情報

公開日 2015/09/25 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 4.42MB

要約

 帳票は顧客向けに発行されることが多く、それだけに帳票システムで不具合が発生すると、すぐさまビジネスに悪影響を及ぼすことになる。場合によっては業務全体がストップしてしまう懸念もあり、細心の注意が必要だ。こうした点を背景に、請求書発行などを伴う従来の帳票システムは、企業規模を問わず、安定稼働のために多額の投資をしているケースが一般的だった。

 昨今、プライベートクラウドの構築を機会に、帳票システムの運用負担を軽減しようという動きが目立ってきた。システムリソースを軽減し、状況によってスケールアウトしていくという手法だ。しかし、遠隔地にある複数拠点が本社のクラウドを利用する際には、低帯域回線でもシステムを利用できるようにしておかなければならないなど、さまざまな課題も発生する。

 本ホワイトペーパーでは、クラウド内に共通帳票基盤を構築し、効率的な帳票システムの運用をグループ企業内で実現した天野実業の事例が掲載されている。拠点におけるクラウド利用の課題を解決し、セキュリティの確保も万全にした事例で、帳票システムの効率化を目指す際は大いに役立つ内容だ。

アンケート