IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

サイバネットシステム株式会社

技術文書

サイバネットシステム株式会社

Office 365とActive Directory連携でかかる隠れたコスト、負担を軽減させる選択肢はあるか?

マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」導入時にActive Directoryとの連携を図ろうとすると、予想外のコスト負担を強いられることになる。隠れたコストはどこにあり、これを低減させる方法はあるのだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2015/09/10 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 15ページ ファイルサイズ 1.08MB
要約
 「Office 365」のActive Directory連携コストの問題は、Active Directory Federation Services(AD FS)を利用したケースにおいて、多くのユーザーから指摘されている。AD FSは企業システム内のActive Directoryとクラウドサービス側のユーザー管理ディレクトリを連携させ、シングルサインオン環境を構築する。Office 365のケースでは、Active DirectoryとAzure ADを連携させることになる。これにより、安全かつ迅速にOffice 365が利用できる。

 しかしながら、AD FSを利用すると、複雑な構築・運用と専用インフラが必要になる。これにかかる投資コストは、システム規模にもよるが、3年で数千万円、場合によっては1億数千万円かかるケースもある。

 本ホワイトペーパーは、AD FS利用の実際を具体的に紹介しつつ、他の選択肢としてクラウドIAM(Identity and Access Management)サービスによって認証連携を進める手法を解説している。さらに、AD FS利用シナリオを設定し、想定されるコストを詳細に試算、クラウドIAMサービスとの比較検討に大いに役立つ。