IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Ipswitch, Inc.

レポート

Ipswitch, Inc.

解決したと思っても再び現れるネットワークのパフォーマンス問題「ネットワークゾンビ」を退散させる

やっと解決したと思ったのに、いつのまにか再出現してシステム管理者を襲う「ネットワークゾンビ」に悩まされる管理者は多い。つかみどころのないネットワークの速度低下や停止などの問題を、根本から解決するにはどうすればよいだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2015/08/03 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.91MB
要約
 「ネットワークゾンビ」退治のためには、複雑に絡み合ったシステム状況を解きほぐしていくしかない。ただし、この解きほぐしの作業は行き当たりばったりに試行錯誤を繰り返していては到底進まず、有効なツールを使った効率的な解決法が必要になる。ネットワークゾンビに襲われ、アプリケーションのパフォーマンスが断続的に悪化するという問題が起きたら、まずそのゾンビがどこに潜んでいるかを突き止めなければならない。

 しかし、アプリケーションはデータベース、Webサーバ、ディレクトリサービス、ネットワークなど、さまざまなリソースとの相互作用で動作しているので、アプリケーション環境のあらゆる部分にゾンビが潜んでいる可能性がある。このゾンビ探し作業において有効なのが、アプリケーションパフォーマンスモニターだ。アプリケーションの相互依存関係を検出してリアルタイムで監視し、グラフィックス表示することで根本問題の解明を早めることができる。

 本ホワイトペーパーは、アプリケーションプロファイルを利用してシステムを監視、異常な数値をドリルダウン分析することで“ゾンビ退治”を迅速に行うアプリケーションパフォーマンスモニターの活用法を解説している。