IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

東京エレクトロン デバイス株式会社

製品資料

東京エレクトロン デバイス株式会社

ビッグデータ時代を見据えたファイルサーバ、どう選ぶ?

企業の扱うデータ量は増え続ける傾向にある。ファイルサーバは、従来用途に加え、これから必要になるビジネス上のデータを「ためて、使える」機能が必要になる。これからのファイルサーバのベストな選択とは?

コンテンツ情報

公開日 2015/04/13 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 1.18MB

要約

 ビッグデータの有効活用には、データを蓄積するストレージ選びが重要な鍵となる。導入の容易さから企業のデータ保管に利用されてきた従来型のNASでは、効率的に保存し、処理するのが困難だ。今後は、データを活用した戦略的なビジネスに向けて、より多様な種類のファイルを大量に蓄積する必要がある。これからのファイルサーバには、以下のような機能が求められているのだ。

・さまざまなデータを蓄積できる1つの空間であること
・多種多様なアクセス方式に対応できること
・性能、容量は拡張しやすく、どこからでも共通のファイルシステム空間にアクセスできること
・高信頼性と高いセキュリティを備え、楽な運用であること

 本資料では、これからのファイルサーバ選定に必要な要素を整理して紹介する。また、必要な要素を備えたスケールアウトNAS「EMC Isilon」について解説する。最大50Pバイトまで1ファイルシステム、1ボリュームで使用でき、従来用途のファイルサーバとして使用しながら、データ分析やモバイル連携など、これからのワークロードも取り込むことができる。Hadoop用のファイルシステムをサポートしており、ビッグデータ分析用途としても適している。将来を見据えたファイルサーバ選びの参考資料としてほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。