IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ホワイトペーパー

アイティメディア株式会社

レポート

アイティメディア株式会社

SDN製品最新事情(2):ヴイエムウェアがSDNという言葉を使わなくなった理由

ヴイエムウェアは、同社のネットワーク仮想化製品「VMware NSX」を、「SDN 製品」とは呼ばなくなっている。マーティン・カサド氏を含む同社のキーマンに、その理由を確認すると、一般的なSDN 製品とは異なる進化を目指していることが明らかになってきた。

コンテンツ情報

公開日 2015/03/25 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 445KB

要約

 ヴイエムウェアは2015年1月、同社のネットワーク仮想化ソフトウェア「VMware NSX」が、年間2億ドルのペースで売れていることを明らかにした。SDN(Software Defined Networking)製品のなかでは、現在のところ群を抜いた成績を示している。

 一方で同社は、最近VMware NSXを「SDN」と表現しなくなっている。それは、SDNという言葉の意味が制限的に過ぎるからということのようだ。「私たちはネットワークの世界を変えようとしている」と、マーティン・カサド氏はいう。

 では、ヴイエムウェアはネットワークの世界をどう変えようとしているのか。2014年8月に、シニアバイスプレジデント兼ネットワーキング&セキュリティ事業部門(NSBU)のゼネラルマネージャーに就任したカサド氏、元Big Switch Networks CEO で、同社NSBU のチーフテクノロジーストラテジーオフィサーに就任したグイド・アッペンツェラー氏、そしてシスコシステムズから移籍し、同社ののワールドワイド・システムエンジニアリング担当バイスプレジデントに就任した、ドミニク・デルフィーノ氏へのインタビューの内容を、要約してお届けする。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。