IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ノベル株式会社

技術文書

ノベル株式会社

「SAP HANA」のセキュリティ対策に欠かせない“OSセキュリティ強化の極意”とは

データベースセキュリティでOSのセキュリティ対策が重要になるのは、サイバー犯罪者の多くがデータベースシステムを攻撃する際、OSをターゲットにするためだ。Linux環境における「SAP HANAシステム」を例に、セキュリティ対策の強化手法を解説する。

コンテンツ情報

公開日 2015/02/13 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 3.42MB

要約

 OSハッキングにより必要な権限を盗み取ることができれば、ハッカーは自由にデータベースアプリケーションにアクセスすることができる。これがデータベースを攻撃する際、ハッカーがOSをターゲットにする理由である。「SAP HANA」などのソリューションによってデータ分析のスピードが飛躍的に向上すると、ERPシステムに格納されるクリティカルな情報も大きく増加するため、セキュリティリスクは格段に高まっていく。

 従って、SAP HANAが持つセキュリティ機能だけでなく、OSのセキュリティ設定を最適化することで分析基盤の安全を保つことが重要だ。OSのセキュリティ設定をデフォルトのままにしていては、リスク対策が万全とはいえない。

 本ホワイトペーパーでは、SUSE Linux Enterprise Serverの設定方法を解説し、Linux環境におけるインメモリデータベースのセキュリティ最適化の手法を具体的に解説している。分析スピードなどSAP HANAの特長を疎外しない形で効率的にセキュリティを強化するために、知っておきたい便利なテクニックやTipsも紹介している。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。