IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

技術文書

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

安全なBYODを確保せよ! 従来のセキュリティ対策が抱える4つの限界と対処法

BYOD導入でスマホやタブレットの業務利用を推進している企業が増加中だ。こうした動きは新たなセキュリティ上の課題を生み出しているが、従来のアプローチや発想では解決できない問題も多い。ここでは知っておくべき新たな防衛策を解説する。

コンテンツ情報

公開日 2015/01/29 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 478KB

要約

 スマホやタブレットなどのデバイスを業務・私用問わず、シームレスに利用するモバイルワーカーが増えている。IDCは2015年にはモバイルワーカーは世界で13億人を超えると予想しており、これは全労働者の37%に相当する。だが、モバイル利用環境の拡大と変化に伴い、セキュリティの脅威も増大している。Consumer Reportsの調査によると、全世界で1000万台以上のモバイルデバイスがマルウェアに感染しているという。

 既に企業はさまざまなセキュリティ対策を行っているが、従来の手法では限界がある。例えば、モバイルワーカーは、悪意のあるWebサイトに気付かず、ファイルをダウンロードするし、パスワードや端末を紛失することもある。また企業の管理外の公衆Wi-Fiを使ってクラウドサービスを利用する。これに対して多くのセキュリティ製品は、公衆Wi-Fiを利用したファイルダウンロードを制限できない。さらにパスワードや端末を盗まれた場合は、個人のデータも含めて消去することで情報漏えいを防ぐしかない。

 本資料は従来型モバイルセキュリティ対策の限界を4つに整理した上で、包括的に安全を確保しながら、モバイルの業務活用をさらに積極的に行う手法を紹介する。知っておくべき新たな防衛策を確認してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。