IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アイティメディア株式会社

比較資料

アイティメディア株式会社

SDNの動向が一目で分かる、主要SDNベンダー分類別マップ

SDNベンダーには、老舗ネットワークベンダーだけでなく、ハードウェアベンダーや仮想化ベンダーなど多数の新興勢力が存在する。本マップでは、SDNを「マネジメント層」「コントロール層」「データ層」の3つに区分し、対応するベンダー/OSS製品を配置した。

コンテンツ情報
公開日 2014/12/26 フォーマット PDF 種類

比較資料

ページ数・視聴時間 1ページ ファイルサイズ 124KB
要約
 SDNとは“Software Defined Networking”の略称で、ソフトウェアでの制御による、動的かつ柔軟なコントロールを可能にしたネットワーク技術の総称です。

 現在、SDNを取り巻くベンダーには、米Brocade Communications Systems(Brocade)、米Cisco Systems(Cisco)、米Juniper Networks(Juniper)、米IBM、NECといったIT企業の他、SDNオーケストレーターの「OpenDaylight」がオープンソースソフトウェア(OSS)として存在しています。

 このベンダー分類別マップでは、SDNを構成する層をマネジメント層、コントロール層、データ層の3つに区分し、それぞれに対応するベンダー/OSS製品を配置したものです。複数の層にまたがっているベンダーは各層に製品を展開していることを意味し、製品から伸びる線は、その製品からどの層のプロダクトにコントロールされる、あるいはコントロールするかを示しています。詳しい解説は、記事の方でご覧ください。

解説記事:1回で分かる:「SDN」の基本、主要ベンダーの動向をマップで押さえよう
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1412/26/news03.html