IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本セーフネット株式会社

レポート

日本セーフネット株式会社

7割の日系企業が被害に~海外で横行する不正コピーから組み込み製品を守る方法

不正コピーや模倣品の横行は、企業にとって悩みの種だ。模倣品の生産・流通を止めてもまた別の模倣品が登場する。このいたちごっこを断ち切るには、「ソフトウェアで不正コピーを防止する」という考え方がポイントになる。

コンテンツ情報
公開日 2014/12/08 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.85MB
要約
 昨今、さまざまな製品の不正コピーや模倣品が大きな問題となっている。OPECの推計では、2007年時点で、模倣品、海賊版の貿易額は2500億ドルに達し、2010年特許庁が日系企業に対して行った調査では7割の企業が被害にあったと回答している。中でもスマートフォンやタブレット端末は大きな被害をこうむっている。

 こうしたコピー製品は「ハードウェアの模倣品の生産・流通をストップさせる」という対策を取る限り、撲滅は難しくなる。正規品と同等の部品やプログラムはどこかで入手でき、それがあれば作ることができるため、1つを止めてもまた別の模倣品が登場するなど「いたちごっこ」になるのが実情だ。

 現在、電化製品やFA機器の多くは、ハードウェアをソフトウェアで制御して初めて機能的に動作する。このようなケースではハードウェアではなく、「ソフトウェアで不正コピーを防止する」という考え方がポイントになる。本資料では、ソフトウェアを守ることで不正コピーを防止する方法について、4社の事例を交えながら解説する。