IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本セーフネット株式会社

製品資料

日本セーフネット株式会社

年間2500億ドル超の模倣品被害、防止のカギはソフトウェアにあり

不正コピーや模倣品被害は世界共通の問題だ。不正使用や模倣品は市場に流れた後の対策では手遅れだ。防止のカギは盗まれない仕組みをソフトウェアに組み込む「自衛」にある。

コンテンツ情報
公開日 2014/12/08 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.41MB
要約
 不正コピーや模倣品被害が世界的な問題になっている。OPECの推計では2007年時点の模倣品の貿易額は2500億ドルに達する勢いだ。中でもAppleのiPhoneをはじめとするスマートフォンやタブレット端末は、デザインから部品、ソフトウェアに至るまでリバースエンジニアリングで解析され、ほぼオリジナルに近いコピー製品が出回っている。デジタル機器から家電製品、産業用機器などほとんどの製品はハードウェアをソフトウェアで制御しており、こうした製品の頭脳であり心臓部でもあるソフトウェアの不正使用は、販売機会の損失、信用やブランドの失墜、ユーザー満足度への悪影響などさまざまなリスクを抱えている。

 既に模倣品やコピーが市場に流れてからの対策では、根本的な解決にならない。不正使用やコピーを防ぐには、ソフトウェア自身に盗まれない仕組みを組み込んで「自衛」することが重要になってくる。本資料は、リバースエンジニアリングやハッカーの攻撃からプログラムを守るプロテクションツールについて解説する。ラッピングにより、ソフトウェアをセキュリティの壁で覆い、アンチデバッグングでハッキングや攻撃を検知。暗号化・難読化でソースコードの解析を防ぐ。資料では、機能の詳細に加え、不正コピー防止に成功した企業の声を紹介する。市場背景や被害の実情についても解説しているので、不正コピーや模倣品被害を未然に防ぐ参考資料にしてほしい。