IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ベライゾンジャパン合同会社

レポート

ベライゾンジャパン合同会社

データが語る9つのセキュリティ脅威、グローバルな業種別傾向とその対策

巧妙化するセキュリティ脅威だが、過去10年のインシデントデータから脅威の基本的なパターンは、9つに分類できる。本レポートではそれぞれの特徴と防御対策を解説。また、5つの主要業種別の要約から、業種ごとの推奨対策も紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2014/10/16 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 70ページ ファイルサイズ 8.18MB

要約

 セキュリティ脅威となる攻撃の手法は年々変化、巧妙化しており、企業はその対策になかなか効果的な対策が打てないでいる。だが、無限に存在するかのように思えるセキュリティの脅威だが、過去10年間、10万件のインシデントデータによると、その92%が9種類の基本的なパターンで説明できるという。

 本レポートは、ベライゾンが、50のグローバル企業・組織の協力を得て、侵害が確認された6万3000件以上のセキュリティインシデントのデータを集約し、総合的に分析したデータ漏えい・侵害調査報告書だ。データから導いた「Webアプリケーション攻撃」「内部者および特権保持者による不正使用」「DOS攻撃」など主要な9つのインシデントパターンを中心に各項目を構成。この9つの脅威について、それぞれ標的になりやすい企業や発生件数などビジネスに与える影響の実態と、脅威に対して企業が防御体制を整える際の推奨事項について解説する。

 また、「業種別脅威分析レポート」では、上記の分析結果を金融、製造、小売、運輸、IT産業の5つの主要業種別に要約し、業種ごとに注視すべき攻撃パターンと推奨対策項目を解説している。9言語バージョンの要約版も公開しており、「特定の業界で、最も遭遇しやすい脅威は何か?」という疑問への回答と、そのグローバルな対策を考える参考資料として活用してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。