IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

東京エレクトロン デバイス株式会社

事例

東京エレクトロン デバイス株式会社

マツダのCADデータ量を3分の1に圧縮し、ストレージコスト削減に貢献した技術

マツダでは、商品開発のプロセスを一貫してデジタル化している。年間数Tバイト単位で増加するデータ容量とコスト削減の両立のため選んだのが、Storwizeのリアルタイムデータ圧縮アプライアンスだった。

コンテンツ情報
公開日 2008/08/08 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.44MB
要約
 マツダでは、新車のデザイン開発から設計、生産準備までをデジタル化する「MDI(マツダデジタルイノベーション)」により、付加価値の高いモノ造りを加速している。これに伴って、車両を構成する数万点に及ぶ部品をすべて3次元デジタルデータ化したため、年間数Tバイトの単位でデータが増え続けていた。さらに、量産終了後も企業としての製造責任や保障のためにこれらのデータを10年以上に渡って保管し続けなくてはならない。

 マツダは従来これらのデータをNetAppのNASに格納していたが、今後のデータ量の増大を考慮し、ストレージに対する投資抑制対策を検討していた。非常に重要なデータを扱うため慎重に検証した結果、マツダが選んだのは、Storwize(ストアワイズ)のリアルタイムデータ圧縮アプライアンス「STN-6500」だった。同製品を選択したポイントと、その導入効果を探る。