IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ネットスカウトシステムズジャパン株式会社

技術文書

ネットスカウトシステムズジャパン株式会社

ネットワーク性能管理の落とし穴を避け、運用管理コストを削減する方法

ネットワークの運用管理において性能問題に直面、もしくは潜在的に問題意識を抱えた管理者は多い。本資料では、ネットワーク性能管理を管理業務にどのように適用し、どのように導入、運用すべきかシェアNO.1製品(IDC調べ)によるガイドラインを示す。

コンテンツ情報

公開日 2014/09/12 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.86MB

要約

 ネットワークの運用管理において障害や性能問題の課題を抱えている管理者は少なくない。性能管理は、大きく分けて、システムリソース、ネットワークリソース、エンドツーエンドリソース、ヒューマンリソースの4つに分類できる。CPUやメモリ使用率などのシステムリソースの性能管理としては、SNMB MIBやエージェントを用いたNMS(統合管理製品Network Management System)が良く知られているが、そこに落とし穴がある。技術的な特性から分解能が粗く、ネットワークリソースや、エンドツーエンドリソースの性能管理には適切ではないのだ。NetFrowなどのサンプリングを利用したxFrowも同様で、高精度のデータを取得するにはCPUへの可不可が問題になる。性能管理の実現には、NMSだけでなく、パケットキャプチャ(据え置き)方式での通信性能管理製品の導入が必要になる。

 本資料では、性能管理の課題と解決方法、対応した性能管理製品の種別を一覧表にして説明。適切なツール選定の後、実際の運用管理について解説する。業種や環境を問わず企業が抱える運用管理の課題としてコストを取り上げ、ネットワーク性能管理においてツールの活用で、どのように運用管理コストの削減効果を示せるのかを提示する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。