IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

レッドハット株式会社

技術文書

レッドハット株式会社

Java EEアプリケーションを安全かつ簡単に高速化する方法 ~検証から学ぶクラウド時代のスケールアウト戦略~

パフォーマンスがでません。さて、どうしますか? パフォーマンスチューニングの対策は大切ですが、もっと安全かつ簡単に高速化できるソリューションがあります。Red Hat JBoss Data Grid と OKI DressUP Traffic Controller を活用したスケールアウト戦略を紹介します。

コンテンツ情報
公開日 2014/08/01 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 1.42MB
要約
Java EEアプリケーションを安全かつ簡単に高速化する方法 ~検証から学ぶクラウド時代のスケールアウト戦略~
 企業システムを担当している人であれば、「パフォーマンスがでない」という問題に直面したことは多いだろう。ー般的にJavaEEアプリケーションサーバの場合、アプリケーションサーバの台数を増やすこと(スケールアウト)で処理性能を向上することができる。しかし、単純にアプリケーションサーバをスケールアウトしても、データベースにボトルネックが移動するだけで、結果的に処理性能が期待通りに上がらなかったり、パフォーマンス劣化を招いたりするケースが多い。一方、最近では、高性能なハードウェアのパワーに頼った垂直統合型のソリューションも出て来ており、そのようなソリューションを選択する手段もあるだろう。しかし、このようなスケールアップソリューションを導入するには超えるべきハードルも高く、多数導入できる企業は少ない。

 本ホワイトペーパーでは、JavaEEを利用したシステムを安全かつ簡単に高速化できるソリューションとして、NoSQL・データグリッド環境の導入を推奨する。NoSQL・データグリッド環境によるスケールアウトソリューションが提供する効果とは何かを、実際の検証にて確認する。そして、クラウド時代のスケールアウト戦略の適用効果、適用シーン、そして、アプリケーション設計上の注意点などについてまとめる。