IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

テクマトリックス株式会社

製品資料

テクマトリックス株式会社

スケールアップとスケールアウト、違いとメリット/デメリット

サーバの処理能力を増強する2つの方法「スケールアウト」「スケールアップ」について違いやそれぞれ適した導入環境を整理して解説する。また、スケールアウトNAS製品についての機能や導入事例を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2014/05/01 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 43ページ ファイルサイズ 5.09MB

要約

 サーバの処理能力を向上させるアプローチには「スケールアウト」「スケールアップ」の2つの方法がある。スケールアップ型はサーバ自体のCPUやメモリのスペックを上げて処理能力を向上させる方法で、スケールアウト型は複数のサーバで処理能力を向上させる方法だ。どちらにもメリット、デメリットがあり、適した導入環境にも違いがある。

 本資料では、スケールアップとスケールアウトの違いとそれぞれのメリット/デメリット、適した導入環境と業種を整理してわかりやすく比較する。また、クラウドサービスやデータセンター、ビッグデータ分析などに適したスケールアウトNAS製品について、基本的な機能と特長を市場調査データを交えて詳しく解説。業界大手の印刷会社や不動産ポータル運営企業など、同製品の導入事例もあわせて紹介していく。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。