IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

コダック アラリス ジャパン株式会社

事例

コダック アラリス ジャパン株式会社

医療現場のスキャナ活用、サイズ混在の問診票や保険証の一斉スキャンを実現

電子カルテを導入している病院や診療所、クリニックではスキャン業務が負担になることが少なくない。問診票、同意書、保険証など、サイズが混在していても紙詰まりなく安定したスピードで大量スキャンを行うために、ミルディス皮フ科が導入したスキャナとは?

コンテンツ情報
公開日 2014/01/28 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.07MB
要約
 医療法人社団 精華会 ミルディス皮フ科は、皮膚科、美容皮膚科、アレルギー科を診療科目とする地域密着型のクリニックである。

 ミルディス皮フ科は、平成16年の開院当初から電子カルテ(ラボテックの「スーパークリニック」)を導入してペーパーレス化を図ってきた。それでも患者の問診票や保険証のコピー、各種同意書などは紙として残るため、同クリニックでは別の場所に倉庫を借りて保管している。しかし必要なときに原本をすぐに取り出せないため、スキャナで読み取ってサーバにも保存してきた

 しかし、当時利用していたフラットベッドタイプのスキャナは、書類を一枚ずつセットしなくてはならず手間が掛かる。また、スキャンスピードも遅く、設置場所も広いといった課題を抱えていた。

 この資料では、ミルディス皮フ科におけるスキャナリプレースの経緯を紹介する。問診票、同意書、保険証など、サイズが混在していても紙詰まりなく安定したスピード(毎分50枚)でスキャンを実現し、受付スペースでも設置可能なスキャナとは何だったのか? 詳しく見ていこう。