IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

パンドウイットコーポレーション日本支社

技術文書

パンドウイットコーポレーション日本支社

検証:10GBASE-T導入による低コストなクラウド環境構築

標準的なデータセンターで使用可能な10GBASE-Tは、今日のネットワークにおけるさまざまな用途に適合する。後方互換性、コスト効率、使いやすさを兼ね備えた10GBASE-Tに焦点を当てる。

コンテンツ情報

公開日 2013/12/27 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 15ページ ファイルサイズ 944KB

要約

 サーバ仮想化やクラウド、ビッグデータソリューションの展開は、コスト削減や性能向上につながるが、ネットワークのスループットも大幅に増加する。ギガビットイーサネット(GbE)接続は、1台の物理サーバの帯域幅要件に対応できるが、ピーク時の仮想化サーバ統合シナリオや複数のトラフィックタイプをサポートするには不十分だ。サーバのGbEポートを増やして拡張すれば、帯域幅を増やすことはできるが、コストが増える。

 上記欠点を補うために、多くの企業が10ギガビットイーサネット(10GbE)を採用。旧世代のBASE-Tと新しいLOM実装の上に構築された10GBASE-Tは、低コストによる10GbEの展開を可能にし、消費電力削減が期待されている。信頼性、柔軟性、後方互換性、コスト効率、使いやすさに加え、100mの到達距離を兼ね備えた10GBASE-Tは、理想的な選択肢の1つといえるだろう。

 本資料では、10GbEにおける有望なソリューションである10GBASE-Tを、新製品に焦点を当てながら検証していく。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。