IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

レノボ・ジャパン株式会社

事例

レノボ・ジャパン株式会社

ソフトバンクグループが7500台のシンクライアント端末として選んだノートPCとは?

ソフトバンクグループ通信3社のソフトバンクテレコムは、自社サービスのさらなる推進に当たって、自ら約7500台のシンクライアント端末のリプレースを断行した。ソフトバンクグループが掲げた要件を満たした端末とは何だったのか。

コンテンツ情報

公開日 2013/09/30 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.71MB

要約

 ソフトバンクBB、ソフトバンクモバイルとともにソフトバンクグループ通信3社の一角を形成しているソフトバンクテレコム。法人や個人向けに音声/データ通信サービスを提供しており、近年ではクラウドサービスにも事業領域を広げ、さまざまな業務革新を実現するソリューションを展開している。

 そのメニューの1つであるデスクトップ環境をクラウド型で提供する「デスクトップサービス」の推進に当たり、2009年からシンクライアント端末の自社導入を積極的に進めている。既存のPCにUSBメモリを挿入し起動することでシンクライアント化を実現する「USBブート」方式を採用しており、セキュリティを担保しながらも、端末の種類や場所を問わないアクセスが可能な環境を構築した。

 しかし、その運用を続けていく中で、PCの老朽化に伴う故障への対処や、統一したセキュアなOS環境が望まれるようになる。そこで2012年度には、起動用OSとして「Microsoft Windows Embedded」を搭載した約7500台のシンクライアント専用端末へのリプレースを決断。複数メーカーの端末を候補に機能評価や各種検証を行った結果、最終的に選んだノートPCは一体何だったのか。導入の経緯と選定理由を担当者に聞いた。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。