IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アイティメディア株式会社

レポート

アイティメディア株式会社

情報システム部門は、「危機」をどう回避すべきか

結局のところ、企業の情報システム部門が今後担っていくべき役割は何なのか。CIOはいま、何を考え、どう行動すべきなのか。前号に引き続き、CIO経験を持つガートナー ジャパンの長谷島眞時氏に聞く。

コンテンツ情報
公開日 2013/09/17 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 456KB
要約
情報システム部門は、「危機」をどう回避すべきか
 IT INSIDERでは、前号、今号の2号にわたって、ガートナーのいう情報システム部門の「静かな危機」について、ガートナー ジャパン グループバイスプレジデントで、エグゼクティブプログラムを担当している長谷島眞時氏の考えを紹介している。

 「現行のITプラクティスやIT戦略はもはや将来の期待に応えられない」ということが表面化する時期が近付いている、というのがガートナーのいう企業ITの「静かな危機」だ。

 この危機は、全世界の情報システム部門がやがて直面することではあるものの、おそらく日本企業は他の国の平均よりも、早めに迎えることになるだろうという。長谷島氏は、これを危機であると同時にチャンスだと表現する。