IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アイティメディア株式会社

技術文書

アイティメディア株式会社

主要ハイパーバイザー3製品のメモリ管理機能を比較

Citrix Systems、Microsoft、VMwareといった主要仮想化ベンダー3社が提供するハイパーバイザー製品のメモリ管理機能を比較した。

コンテンツ情報
公開日 2013/05/02 フォーマット EPUB 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 1 ファイルサイズ 784KB
要約
 Windows Server 2008 R2の「Service Pack 1(SP1)」のリリースに伴い、仮想マシンのメモリ管理をめぐる議論が再び活発化している。

 米Microsoftの新しい「Dynamic Memory」機能は、米VMwareのメモリオーバーコミット機能と比較されがちだ。しかし、Dynamic Memoryとメモリオーバーコミットは原理的に異なる課題とアプローチから生まれた技術であり、実際のところ両者を比較するのは難しい。むしろ、MicrosoftのDynamic Memoryは、米Citrix SystemsのXen Cloud Platform(XCP)リリース0.5で導入された「Dynamic Memory Control(DMC)」機能との共通点が多い。MicrosoftとCitrix Systemsの動的メモリ管理に対する考え方は、VMwareのようにホストメモリの統合率を高めることではなく、管理の容易性を重視することにあるからだ。

 当コンテンツでは、Citrix Systems、Microsoft、VMwareの製品のメモリ管理における相違点を解説するとともに、Hyper-Vにどのような改善の余地があるかを指摘していく。