IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社ソリトンシステムズ

技術文書

株式会社ソリトンシステムズ

年間800万円以上が無駄に? “遅いファイルサーバ”を招く元凶とは

ファイルサーバ統合や災害対策サイトの設置、海外拠点とのシステム統合などに伴い、WANのボトルネックが顕在化するケースが増えている。こうした“遅いWAN”を放置すると、予想外の課題に直面しかねない。

コンテンツ情報

公開日 2013/02/14 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 36ページ ファイルサイズ 4.43MB

要約

 「各拠点に散在するファイルサーバを統合したら、ユーザーから『アクセスが遅い』とクレームを受けた」「せっかくお金を掛けて構築した災害対策システムなのに、リモートバックアップが規定時間内に終わらず意味を成していない」――。よく耳にするこうした話の原因は、大抵の場合、WANのボトルネックにある。帯域が限られたWAN回線に、大量のアプリケーションデータやバックアップデータが流れ込み、“目詰まり”を起こしてしまっているのである。

 考慮すべきなのは、こうした目に見える直接的な課題だけではない。WANを遅いまま放置しておくと、従業員の時間を奪うことになりかねないのだ。例として、時給2000円の従業員を1000人雇用している企業を想定しよう。ファイルサーバから10Mバイトのファイルをダウンロードするのに1分かかるとすると、年間240日では、実に1ダウンロード当たり従業員全体で792万円分の時間を無駄にしている計算になる。当然ながら、回数が増えればそれに応じて無駄も増える。

 こうした問題の解決策として近年注目を集めているのが「WAN高速化」である。WANの帯域幅はそのままに、その中を流れるデータの量を重複排除技術などにより大幅に減らし、スループットを向上させる。本ホワイトペーパーでは、具体的な製品について、その導入効果や内部処理の仕組み、事例まで詳しく紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。