IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

グレープシティ株式会社

技術文書

グレープシティ株式会社

Windows 8がデスクトップアプリ開発に与える影響とその対応

Windows 8で登場した新しいアプリ実行環境に注目が集まるが、業務システムにおいては既存アプリケーション資産の互換性も重要である。本稿ではWindows 8がデスクトップアプリケーションに与える影響と、その対応について解説する。

コンテンツ情報

公開日 2012/11/26 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 3.31MB

要約

Windows 8がデスクトップアプリ開発に与える影響とその対応
 Windows 8が登場しタッチ操作に最適化されたWindowsストアアプリ(旧称Metroスタイルアプリ)が注目されているが、従来のWindowsアプリケーション(デスクトップアプリケーション)が、どう対応するかも重要である。

 スタートメニューの有無などが注目され、Windows 8はWindows 7から大きく変わってしまっているという印象を持つ人も多い。しかしWindows 8のOSバージョン番号は6.2で、Windows 7の6.1とメジャーバージョンは変わりない。また、Windows 8ではデスクトップ部分には大きな変更を加えず、新たなアプリケーション実行環境としてWindowsストアアプリを追加するという手法を取ってる。

 しかしタッチデバイスや高解像度、高精細なモニタなどハードウェアの進歩に対応している点においては、デスクトップアプリケーションもこの影響を避けることはできない。

 本稿では、Windows 8がデスクトップアプリケーションに与える影響とその対応について解説し、既存アプリケーションを新環境で動作させる場合に検討すべき点を提示している。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。