IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ノックス株式会社

技術文書

ノックス株式会社

データ保全リスクを回避する「オール仮想化」ストレージ

サーバ仮想化を本番環境で大規模展開する際、共有ストレージにおけるデータ保全の問題が生じやすい。しかし、当初から「仮想化専用」として設計・開発されたストレージであれば、こうした問題に悩まされることはない。

コンテンツ情報
公開日 2012/09/24 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 2.22MB
要約
 仮想化は、今や企業ITにとって当たり前の技術となった。近年では、開発環境や検証環境だけにとどまらず、本番システムを仮想化環境に移行する企業が増えてきている。しかしその一方で、仮想化に特有のさまざまな課題も徐々に露になりつつある。その最たるものが、共有ストレージにおけるデータ保全性の問題だ。例えば、デュアルコントローラーシステムの障害はデータ処理に影響がなくても、直接ユーザーに影響する障害だ。また、ファームウェアエラーのわずかな変化がデータ破損を引き起こす場合もある。そのため、どんなハードウェアやファームウェアのエラーにも対処できるような堅牢な対策を講じる必要が求められている。

 こうした課題を一気に解決できる可能性を秘めているのが、当初から仮想化環境での運用を念頭に置いて設計・開発された専用ストレージだ。搭載する記憶媒体やファイルシステムを仮想化に特化した仕様にすることで、仮想化環境における共有ストレージ関連のさまざまな課題を解決できる。本ホワイトペーパーでは、仮想化環境専用ストレージの導入効果について、特にデータ保護機能を中心に詳しく解説する。