IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

クリックテック・ジャパン株式会社

技術文書

クリックテック・ジャパン株式会社

速いというだけでインメモリーBIを選ぶべきではない大きな理由は、「連想技術」にある

特許技術「連想技術」により、「速さ」や「大容量メモリ」だけではない、事前に要件定義をする必要なく実際に使う人が自由なデータを探索する力を手に入れる。

コンテンツ情報
公開日 2012/06/29 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 1.18MB
要約
 このテクノロジーホワイトペーパーでは、大半のRDB 依存型クエリ・ベースのツールとは異なるインメモリ型次世代BI、QlikView の連想アーキテクチャの内部構造を明らかにするとともに、QlikView がいかにビジネス分析を抜本的に改善できるかを説明します。

 そのためにまずはクエリ・ベースのツールやキューブとの違い、MOLAP、ROLAP、そしてHOLAPとの差別化ポイントをご理解頂き、QlikViewのコアとなる連想アーキテクチャについてご紹介していきます。これによって「連想技術とはどのようなもので、それがどのようにビジネス上の意思決定に役立つのか?」という核心的な質問への回答になればと考えています。

 この資料によって、「ミカン」といえば、「こたつ」、「甘酸っぱい」、「オレンジ」と連想するが如く、企業に蓄積された膨大なデータを「連想的に探索」して意思決定できることの意義や価値が見えてくるはずです。