IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ウェブセンス・ジャパン株式会社

技術文書

ウェブセンス・ジャパン株式会社

従来のデータ管理では機密情報の漏えいを防げない!?

情報資産のリスク管理は企業にとって大きな課題となっているが、決して容易な作業ではない。ここでは、ビジネスプロセスの効率性を高めながら、精度の高いリスク管理およびコンプライアンス管理を実現するソリューションを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2008/01/28 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 437KB
要約
 米国のシンクタンクPonemon Instituteの最近の調査によると、過去2年間で多くの企業が何らかのデータ損失を経験しており、その原因のほとんどは内部の過失によるものという事実が明らかになった。情報資産は今や組織の心臓部であり、偶発的または故意により発生する情報漏えいは、コンプライアンスや事業の継続性、組織の競合上の優位性に対して非常に大きなリスクとなる。

 従来の情報漏えい対策では、この増大する問題に対応するため、データ送信やメールなどを介した通信トラフィックをキャプチャーし、キーワードやパターン分析(正規表現)を用いてコンテンツを認識、管理する方法が多く用いられてきた。しかし、この方法ではデータの機密性を判断する精度が低く、複雑な問題には十分対処できないことから、ソリューションとして扱いにくい傾向があった。そうした中で現在、「情報の意味を評価して」機密性の高いデータを監視、管理できる新しい技術「Deep Content Control」が企業から注目を集めている。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。