IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

Webキャスト

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

多数の実績が物語る、短期間でセキュアなプライベートクラウド基盤を構築する方法とは?

2007年より販売開始したCTC独自のプライベートクラウド基盤であるVM Poolは、クラウド環境でのセキュリティにも配慮しており、既に豊富な実績がある。

コンテンツ情報
公開日 2011/11/24 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 6分25秒 ファイルサイズ -
要約
 情報システムのコスト削減のため、クラウド基盤の導入が進んでいる。事業継続性やセキュリティリスク軽減の観点から、既存サーバ群を仮想化技術により統合し、自社専用のプライベートクラウド基盤を導入する企業が増えている。しかし、様々なハードやソフトを組み合わせるため、ユーザ自身による設計、構築は非常に困難だ。また、サーバを統合することでシステムリソースを効率的に利用できる反面、システム構成が複雑になるため運用が大きな課題となる。

 CTC独自のプライベートクラウド基盤であるVM Poolでは、様々なサーバ、ストレージ、仮想化ミドルウェアを組み合わせ、予め最適なシステムとして検証済みのため、セキュアなプライベートクラウド基盤を短期間で構築でき、これらの課題を解決可能だ。NetApp、Cisco、VMwareの3社共同でデザインされたFlexPod For VMwareのコンセプトも同様だ。

 この資料ではクラウド環境でのセキュリティ対策や、マルチベンダ環境での保守一元性といったCTCならではのメリット交えてVM Poolを紹介する。

※閲覧先は共同掲載しているネットアップ社のサイト
※動画に関するお問い合わせ先: netapp-info@ctc-g.co.jp