ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社トランスウエア

製品資料

株式会社トランスウエア

クラウド型サービスで「安く」「素早く」メール誤送信対策を実現する

メール誤送信対策の必要性は重々承知しつつも、やはりコストや手間、時間が気に掛かる。クラウドサービス「Active! gate SS」であれば、迅速かつ低コストでメール誤送信対策ソリューションを手に入れることができる。

コンテンツ情報

公開日 2011/05/16 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 2.7MB

要約

メール操作のほとんどはユーザーが手動で行うことから、注意を喚起するだけでは、誤送信を100%阻止するのは難しい。そこで近年では、システム側で誤送信をブロックするソリューションが提供されている。しかし、その多くは社内システムに別途サーバを立てて運用する必要があったり、あるいは機能が制限されていたりと、決して手軽に導入できるものではなかった。

 その点、トランスウエアが提供する「Active! gate SS」は、ユーザーのシステムにほとんど手を加えることなく、メール誤送信防止の仕組みを最短翌営業日から構築できるソリューションである。Active! gate SSは、同社のオンプレミス型のメール誤送信対策製品「Active! gate」の機能を、クラウド型サービスとして提供するものだ。

 「添付ファイルのZIP暗号化」「送信メールの一時保留」「上司承認」といった豊富な機能を、全てネットワーク経由でサービスとして利用できる。このように多くの機能を備えるActive! gate SSは、ユーザーが必要とする機能を効率的に導入できる6つのサービスプランを用意している。価格は1ユーザー当たり月額150円(税別)から。本資料では、そうしたActive! gate SSの特長や価格プランについて詳しく紹介する。

アンケート