IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

日本アイ・ビー・エム株式会社

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

生成AIの導入・活用を成功に導く、経営層が注目すべき3つの領域と具体策

多くのビジネスリーダーが“生成AIの時代”が到来しつつあると認識し、活用に向けた投資を加速させている。しかし「導入に踏み出せない」「十分な投資対効果が得られない」という声も多い。成果を最大化するためには、どうすればよいのか。

コンテンツ情報
公開日 2024/02/13 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 25ページ ファイルサイズ 2.31MB
要約
 「2022年から2024年にかけてAIの導入は3倍近くになる」と予想されるなど、ビジネスにおいても不可欠な存在になりつつある生成AI。すでにビジネスリーダーの多くは、その重要性を認識し、生成AIのビジネス活用を目的としたプロジェクトへの投資を加速させている。しかし、期待していた成果を十分に挙げられている組織は少ない。

 また生成AIの原資となるデータのセキュリティやプライバシー、正確性に関する信頼への不安に加えて、説明可能性や倫理性などについても懸念が拡大している。こうした中で生成AIの活用に向けた第一歩を踏み出し、ビジネスにおける成功を収めるためにリーダーはどのようなビジョンを掲げるべきなのだろうか。

 最新の調査では「経営層は生成AIによって成長と能力を底上げしたい」と考えているとの結果が出ている。本資料では、生成AI導入を加速させるために「組織とスキル」「データとプラットフォーム」「リスクとガバナンス」という3分野を挙げている。その上で、自社の現状を踏まえて、これらの領域のどこに注力し、どう取り組むべきか。本資料では、その具体策までも事例を交えて解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。