ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

シスコシステムズ合同会社

事例

シスコシステムズ合同会社

「働き方改革」を真の意味で実践するため、押さえるべき6つのポイントとは?

多様性の実現や生産性の向上に課題を持つ日本の企業。こうした状況を打開するため、掲げられた「働き方改革」だが、それに従うだけでは真の意味の改革にはならない。改革実現のために何が必要か、6つのポイントから読み解く。

コンテンツ情報

公開日 2018/12/07 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 2.29MB

要約

 終身雇用や年功序列といった、かつて日本企業の強みといわれていた同質性重視の文化が、ビジネスのグローバル化によって逆にネックとなりつつある。こうした閉鎖性が従業員のモチベーション低下と人材確保の困難を引き起こし、生産性の低下につながっていることは明らかだ。この状況を打破すべく、掲げられたのが「働き方改革」だ。

 多くの企業が取り組む働き方改革だが、残業時間の削減やテレワークの促進、特別な人事制度/戦略といった表面的な施策だけでは効果は得られない。重要なのはその目的を明確にして、個々の従業員が持つ資質を最大限業務に生かせるよう配慮し、安心して働くことができる環境を構築することだ。

 本コンテンツでは、インターネット・通信メーカーのシスコを例に、真の働き方改革実現のために企業が考えるべきこと、とるべき施策などを6つのポイントから解説している。中でも、従業員の多様性を認め合い、組織の枠を超えた協業で業務効率化とイノベーション創出に取り組む「インクルージョン&コラボレーション」という考え方が、とりわけ重視されていることに注目したい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。