IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

クラウドストライク合同会社

レポート

クラウドストライク合同会社

クラウド環境全域を保護、セキュリティのプラットフォーム選定で重要な7要素

クラウドの浸透は、ビジネスにさまざまなメリットをもたらす一方、サイバー攻撃の対象領域を拡大させている。組織はクラウド環境全域を保護することが求められるが、どのような対策が有効なのだろうか。本資料では、その解決策を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2024/04/10 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 7.3MB
要約
クラウド環境全域を保護、セキュリティのプラットフォーム選定で重要な7要素
 クラウドの採用は、ビジネスに迅速性と拡張性を飛躍的にもたらした。しかしその一方で、サイバー攻撃の対象範囲も拡大を続けている。安全性を確保するには、クラウドワークロードから仮想サーバ、その他テクノロジーに至るまで“クラウド環境全域を保護するセキュリティの実装”が必須だ。リスクと脆弱性の継続的な監視、またリアルタイムな対応も求められる。

 こうした状況には、従来のセキュリティアプローチではなく、クラウドに特化したCWPP(クラウドワークロード保護プラットフォーム)が有効となるだろう。

 そこで参考にしてほしいのが、安全性の高いCWPP選定に必要な情報を網羅的に解説している本資料だ。脅威の検知から防御、DevOpsツールとの統合に至るまで、クラウドワークロードを保護するために必須の7機能と、効果の評価基準が事細かに紹介されている。クラウドの保護に課題がある企業はぜひご活用いただきたい。