IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ワウテック株式会社

事例

ワウテック株式会社

佐川急便が5万人規模での利用を見据える「情報共有ツール」とは

物流業界では、生産性向上や顧客ニーズに対応すべくITツールを取り入れる動きが活発化している。こうした市場変化を敏感にキャッチした佐川急便が、あるツールを使って営業所内におけるコミュニケーションの課題を解決した取り組みに迫る。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/24 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.01MB
要約
 佐川急便では、ドライバー同士のコミュニケーションに携帯電話を用いていた。その特性上、グループではなく個別のやりとりに終始し、新人のグループ加入や突発的な配送荷物の増加といったイレギュラー時に機動力を欠くなどの課題を抱えていた。そこで模索したのが、情報共有の環境を整備することだ。

 同社では、リアルタイムに情報共有でき、メッセージの既読/未読が一目で判別できるチャットアプリの導入を検討するが、個人情報にひも付くやりとりも発生することから、クローズド環境でセキュリティを保てることを必須条件とした。さらに、全社導入を視野に入れた価格設定や、誰でも使いこなせる簡単な操作性も要件とし、それらをクリアする、ある情報共有ツールを選定。

 導入はスムーズに進み、トラブル時の状況共有、業務連絡や営業報告、迅速なレスポンスによる機会損失の回避など、幅広い場面で活用されている。現状、係長以上の約3000人が利用しているが、今後は全ドライバーまで5万人規模での利用も見据えているという同社の取り組みの詳細を、本資料にて確認してほしい。