IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

三井情報株式会社

製品資料

三井情報株式会社

Kubernetesクラスタ管理を自動化、ITインフラのモダナイズを支援する次世代HCI

クラウドネイティブをキーワードにITインフラのモダナイゼーションが進んでいる昨今、課題となっているのがKubernetesクラスタの管理にかかる手間だ。これを解消するには、HCIを核とした「3つの要素」が必要となる。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/30 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.04MB
要約
 クラウドネイティブをキーワードに、ITインフラのモダナイゼーションが進んでいる。インフラ運用はもちろん、開発者環境、ネットワークを見直し、統合されたプラットフォーム上でコンテナを活用するCaaS(Container as a Service)を実現しようというのだ。

 コンテナというとOSSのKubernetesを利用するのが一般的だが、単体ではクラスタの監視、アップグレードなどは自己責任で対応しなければならず、安定して活用するには仕組みづくりが欠かせない。手間の掛かるKubernetesクラスタの管理は自動化や簡易化し、APIによってコードレベルでクラスタの操作やスケーリングを実現できるようにしたい。

 さらに、必要環境が検証されたハイパーコンバージドインフラ、仮想化されたネットワークを併用することで、クラウドネイティブ技術の進化に、柔軟かつ迅速に対応できるようになる。本資料では、インフラのモダナイゼーションに欠かせない3つの要素を解説するとともに、仮想化基盤やネットワーク基盤の構築・運用実績・豊富な技術ノウハウをベースとした、コンテナの運用を支える最適なネットワーク構築技術などを一挙に提供するソリューションを紹介する。