IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

TIS株式会社

製品資料

TIS株式会社

Oracle Databaseのクラウド移行工数を削減、簡単復元が可能なアプローチとは?

データベース移行や障害対策、テスト環境の構築などを目的に、Oracle Cloudが選択されるケースが増えている。これらを実現する上で、工数削減のベストプラクティスとして注目されているアプローチとは?

コンテンツ情報

公開日 2019/10/07 フォーマット URL 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ -

要約

 オンプレミスでOracle Databaseを利用する際、製品ライフサイクルに伴う販売およびサポート終了への対応は必ずついて回る。そこで近年オンプレミス以外の有力な選択肢となっているのが、クラウドへのリフト&シフトだ。

 Oracle Cloudを検討する理由は、データベース移行や障害対策、テスト環境の構築などの目的が主なものだという。これらを実現する上で、工数削減の最適解として、RMAN(Oracle Recovery Manager)を利用したアプローチが注目されている。これはDatabase Backup Serviceにデータをバックアップし、取得したバックアップセットを利用してDatabase Cloud Service上のインスタンスにデータベースをリストアするというものだ。

 RMANを利用することで、マルチセクションバックアップ機能と圧縮機能が利用でき、待避エリアのコストを削減しつつ、クラウド上へのデータ配置や、ブロック破損の未然防止が可能になる。本資料では、このRMANを利用したオンプレミスのWindows上のOracle DBを対象にしたバックアップ検証について、具体的な手順を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。