IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社JALインフォテック

事例

株式会社JALインフォテック

1000台規模のタブレットをリモートで運用管理、第四銀行はどう実現した?

デジタライゼーションの一環として、全店舗を対象に約1000台のタブレット導入を決意した第四銀行。インストール作業によるコストや手間の負担をはじめとした多くの課題を解決し、リモートでの運用管理を実現した秘策とは?

コンテンツ情報

公開日 2019/08/13 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 829KB

要約

 デジタライゼーションの一環として、窓口業務をペーパーレス化するシステム開発などに取り組む中で、全店舗を対象に約1000台のタブレット導入を決めた第四銀行。しかし、従来の管理手法では、全端末に個別のインストール作業を行う必要があり、コストと手間における大きな負担が懸念されていた。

 また、この当時、同行ではこの他にも4つの課題を抱えていた。Windows10への大型アップデート、業務用端末と窓口専用端末に対する業務アプリケーションのインストールと設定変更、ファイル更新などの端末設定変更作業の簡易化、ログオン/ログオフ時間の取得だ。これらの課題を解決すべく、同行は新たに「IT資産管理ソフトウェア」の導入を決意する。

 選定においては、実証結果による課題解決力の高さに加え、リモート接続やユーザー要件に応じた柔軟なカスタマイズが可能な点が決め手となった。これにより、窓口受付システムの端末を全てリモートでインストールすることに成功し、スムーズなシステムリリースを実現。加えて、ヘルプデスクの作業負荷軽減など、さまざまな効果を生んでいるという。本資料では、同行の事例を基に、このソリューションの実力を探る。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。