ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

NECソリューションイノベータ株式会社

製品資料

NECソリューションイノベータ株式会社

クローズド環境下で、AIを活用したエンドポイントセキュリティは構築できるのか

マルウェアをはじめとするサイバー攻撃の侵入経路はインターネットからとは限らず、ネットワークに接続しないクローズド環境でも脅威対策はしておきたい。こうしたニーズに応える最新エンドポイントセキュリティはあるのだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2019/02/08 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.12MB

要約

 次世代型エンドポイントセキュリティとして注目されているのが、AIを活用したアンチマルウェア製品だ。これらはAIが学習し見つけ出したマルウェアの判定基準(数理モデル)を使い、マルウェアを検知する。シグネチャが必要な従来型アンチウイルス製品と違って、未知または新種の脅威も検出できることが大きな特長だ。また、パターンファイルの更新も必要ないため、情報システム担当部門の管理運用工数が削減できるというメリットもある。

 ただ、こうした次世代型エンドポイントセキュリティは主にクラウドベースの製品であり、外部通信を一切行っていないネットワーク環境となっている企業では、導入を諦めていたケースもあるだろう。とはいえ、マルウェアなどの脅威の侵入経路はインターネットからのみではないため、クローズド環境であっても、万全のセキュリティ体制は整えておきたい。

 本資料では、そうしたクローズド環境でもAIを活用したエンドポイントセキュリティ製品が利用できる方法を紹介する。この方法ならば、企業のネットワーク制限度合いによって運用スタイルを選ぶことも可能だ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。