ベリタステクノロジーズ合同会社

https://www.veritas.com/



ホワイトペーパー検索
  
     

15件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


レポート

パブリッククラウドの契約書で絶対に確認したい“データ保存”の落とし穴

重要データのバックアップ、アーカイブ、災害復旧(DR)対策などの目的で利用されることも多いパブリッククラウド。契約書を精査した上で、クラウドプロバイダーと十分な交渉ができなければ、データ保存などの面で失敗する可能性がある。(2017/04/13)

技術文書

クラウドへデータを移行、その前に知っておくべき3つのこと

オンプレミス、仮想環境、クラウドと、データの保存場所が分散している企業のIT環境では、全社規模でのデータの可視化が不可欠だ。クラウド移行のデータリスクを軽減し、コストを確実に削減するために知っておくべき3つの重要事項とは?(2017/04/13)

レポート

後悔しがちなクラウド移行、最適化に必要な3つのポイント

スムーズなクラウド移行と効率的なクラウド環境を実現するには、当然だが適切な準備が必要だ。企業データの把握、クラウド移行、移行後の保護体制という3つのプロセスで、要点を抑えた準備をできるかが、クラウド移行の成否を左右する。(2017/04/13)

レポート

「データ保護」動向調査:中小企業のバックアップ/リカバリーはさらに複雑化

企業の規模にかかわらず、仮想化やクラウドの利用が進み、データ保管環境は複雑化している。国内外の中小企業調査で、分散するデータの保護に苦慮する企業の姿が明らかになった。多くのIT担当者の声から、データ保護の最適解を探る。(2017/04/04)

製品資料

AzureやvSphereのデータ保護も一元化、全プラットフォーム対応バックアップ製品

クラウドや仮想環境を導入すると課題となるのがデータの保護。環境1つ1つにデータ保護製品を導入するのでは、コストも運用負荷も高まってしまう。複雑化する環境を一元管理できるバックアップ製品はないのだろうか?(2017/04/04)

製品資料

物理/仮想/クラウドを一元管理、「統合データ保護」製品の疑問を解消

IT環境が物理、仮想、クラウドと複雑化する中、それらを一元管理できる「統合データ保護」製品の重要性が増している。だが、多機能なだけに運用管理やコストへの不安も大きい。そんな悩みを抱えるIT担当者が注目したい製品を紹介する。(2017/04/04)

製品資料

Amazon S3を活用したBCP/DR対策、専用ツールで安全性・操作性がさらに向上

Amazon Web Servicesのクラウドストレージ「Amazon S3」を事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策に活用する企業が増えている。Amazon S3に特化したバックアップ製品も登場しており、運用管理のハードルはさらに下がっている。(2017/04/04)

Webキャスト

データの価値を引き出せるか? 今再考すべき「データ基盤の作り方」

爆発的に増え、物理・仮想環境・クラウドとさまざまな場所にあるデータを企業はどのように保護・管理すべきか? データをビジネスの原動力にできるか、それとも重荷にしてしまうのか。成否を分ける「データ基盤の作り方」を解説する。(2017/02/17)

レポート

中小企業トレンド調査:今後3年のバックアップ/リカバリー情勢をデータで読む

あらゆる企業にとってデータ保護は重要な課題となっている。しかし、中小企業では大企業に比べて変化への対応が遅れる傾向にあり、データ保護への関心もまだ十分とは言い難い。そこで、最新の調査結果を基に、中小企業が今後3年間で目指すべきデータ保護の方向性を探る。(2016/10/18)

製品資料

アップデートで大幅な強化、バックアップ製品は新機能でどう変わるのか?

常に進化を続けているバックアップソフトだが、メジャーバージョンアップの合間にもさまざまな機能強化が行われている。このようにして登場した新機能が従来の機能をどの程度上回るのか、定番バックアップ製品のケースを紹介する。(2016/10/18)

15件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後