ベリタステクノロジーズ合同会社

https://www.veritas.com/



ホワイトペーパー検索
  
     

19件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


Webキャスト

EU「一般データ保護規則」にどう対応する? 日本企業も知っておきたい重要事項

EUの「一般データ保護規則」(GDPR)で2018年5月に施行される。その対応は不可欠だが作業負荷はとても高く、企業側の対応は遅れている。そこで、GDPRで問題となりやすいポイントとその解決策を解説する。(2017/08/02)

レポート

調査で見えたEU「一般データ保護規則」のリスク、対策を妨げているのは?

EU「一般データ保護規則」(GDPR)の施行が迫るなか、世界中の企業の約86%がコンプライアンス違反によるビジネスへの影響を懸念しているという。その背景には、GDPR対応のためのテクノロジーの備えが十分でないことがある。(2017/06/30)

製品資料

EU「一般データ保護規則」(GDPR)に全方位で対応、企業を守るデータ管理の秘訣

EUで2018年5月25日から施行されるGDPR。現状で最も高度で包括的なデータ保護規則であるGDPRは、世界に類を見ないほど広範囲に影響するとされる。GDPRは、従来型のデータ管理からの変革を迫っている。(2017/06/30)

レポート

EUの「一般データ保護規則」(GDPR)でコンプライアンス違反になる?

2018年5月25日に施行される、EUの「一般データ保護規則」(GDPR)。欧州経済領域(EEA)で取得した個人データの域外移転が原則禁止となる。EEAと個人データをやりとりする企業や組織は、コンプライアンス対応を急ぐ必要がある。(2017/06/30)

レポート

パブリッククラウドの契約書で絶対に確認したい“データ保存”の落とし穴

重要データのバックアップ、アーカイブ、災害復旧(DR)対策などの目的で利用されることも多いパブリッククラウド。契約書を精査した上で、クラウドプロバイダーと十分な交渉ができなければ、データ保存などの面で失敗する可能性がある。(2017/04/13)

技術文書

クラウドへデータを移行、その前に知っておくべき3つのこと

オンプレミス、仮想環境、クラウドと、データの保存場所が分散している企業のIT環境では、全社規模でのデータの可視化が不可欠だ。クラウド移行のデータリスクを軽減し、コストを確実に削減するために知っておくべき3つの重要事項とは?(2017/04/13)

レポート

後悔しがちなクラウド移行、最適化に必要な3つのポイント

スムーズなクラウド移行と効率的なクラウド環境を実現するには、当然だが適切な準備が必要だ。企業データの把握、クラウド移行、移行後の保護体制という3つのプロセスで、要点を抑えた準備をできるかが、クラウド移行の成否を左右する。(2017/04/13)

レポート

「データ保護」動向調査:中小企業のバックアップ/リカバリーはさらに複雑化

企業の規模にかかわらず、仮想化やクラウドの利用が進み、データ保管環境は複雑化している。国内外の中小企業調査で、分散するデータの保護に苦慮する企業の姿が明らかになった。多くのIT担当者の声から、データ保護の最適解を探る。(2017/04/04)

製品資料

AzureやvSphereのデータ保護も一元化、全プラットフォーム対応バックアップ製品

クラウドや仮想環境を導入すると課題となるのがデータの保護。環境1つ1つにデータ保護製品を導入するのでは、コストも運用負荷も高まってしまう。複雑化する環境を一元管理できるバックアップ製品はないのだろうか?(2017/04/04)

製品資料

物理/仮想/クラウドを一元管理、「統合データ保護」製品の疑問を解消

IT環境が物理、仮想、クラウドと複雑化する中、それらを一元管理できる「統合データ保護」製品の重要性が増している。だが、多機能なだけに運用管理やコストへの不安も大きい。そんな悩みを抱えるIT担当者が注目したい製品を紹介する。(2017/04/04)

19件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後