パラレルス株式会社

http://www.parallels.com/jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

15件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


製品資料

RDSでは物足りない、デスクトップ仮想化の不満をどう解消する?

デスクトップ仮想化の有力な選択肢であるMicrosoft RDSは、歴史が長いだけに課題も抱えている。運用の複雑さや負荷分散機能の不足、Windows以外のクライアント対応などの課題を解消したいなら、仮想化製品の併用によるRDSの強化が必要だ。(2017/09/21)

比較資料

定番製品との比較で見えてくる、VDIとアプリケーション仮想化のポイント

VDI(仮想デスクトップインフラ)やアプリケーション仮想化を導入する企業が増えているが、導入後に後悔の声を聞くことも少なくない。自社に合わせて、低コストかつ拡張性にも優れた仮想化基盤を構築するためのポイントは何だろうか。(2017/09/21)

製品資料

医療現場に即した形でIT化を促進、旧OS継続利用とモバイル活用の両立法とは?

IT化が依然として進まない医療分野。特に大きな課題は、旧OSの稼働率が高い点や、院外診療などを想定したモバイル環境の整備が遅れている点だ。そこで、医療現場に即した形で課題を解決する方法として仮想化製品が注目されている。(2017/09/21)

事例

400台のWindows PCを総移行、川口信用金庫が解決したセキュリティと運用のリスク

ユーザーが自分のPCにさまざまなアプリケーションやデータを保存する、一般的な使用方法だが、個々の環境がバラバラになりセキュリティや管理の面ではリスクが高い。特に機密情報を扱い、個人情報漏えいに敏感な金融機関での事例を紹介する。(2017/09/11)

事例

避けられないWindowsアプリ利用の場面でも、Macユーザーがストレスなく業務を進められるためには

日々の主要業務をMacでこなすユーザーが大半の職場でも、Windowsアプリケーションと無縁でいることは、ほぼ不可能だ。特許や契約を記録するアプリケーションや資金の認可を管理するアプリケーションなど、Windowsのみに対応という必須システムがあるからだ。(2016/06/24)

事例

Macメインの環境からWindowsの個人情報へ安全な接続を、アメリカンスクール・イン・ジャパンが得たシンプルな答え

Macを日常業務でメイン端末として利用していても、業務内容によっては、どうしてもWindowsシステムに接続しなければならないケースがある。複雑な要件が絡むシステム間接続だが、セキュリティを確保しつつ、シンプルに解決したい。(2016/06/24)

事例

わずか2人のエンジニアで、200台を超えるOS Xと仮想化Windowsの混在環境を構築・運用

中小規模の企業などでは、数百台規模の端末を少数スタッフで管理していることも多い。そのため、Macがメイン端末となっている職場でWindows系のアプリケーションや開発ツールを利用するニーズが発生した場合、適切なOS環境をどう提供するかが大きな問題となる。(2016/06/16)

事例

玉川学園がMacと仮想環境で導いた、学習機会の拡大とメンテナンス効率化

玉川学園は、学園内の誰もが利用できるマルチメディアリソースセンターをわずか3人の情報システム課チームで運営している。多様な学習機会を提供するためにはハイブリッドOS環境が必要だったが、少人数で管理するためには工夫が求められた。(2016/06/16)

製品資料

デスクトップ仮想化「3つの課題」──主要製品の比較でクリアしたものは?

デスクトップ仮想化では「コスト効率」「運用の容易さ」「モバイル対応」の3つが代表的な課題となる。中小企業を含めた多くの組織で導入が検討されている中、重要な判断材料となる主要ソリューションの比較レポートを紹介する。(2016/04/14)

事例

Boot Campと決別した音響制作、全ての作業が短縮できたMacとWindowsの融合環境

さまざまなテレビ番組や舞台から聞こえる「音」の制作現場では、MacとWindowsの両方を使い分けなければならない事情がある。しかし収録に飛び回り、限られた時間で作業をこなさなければいけないため、機材には特別な条件が求められる。(2016/03/08)

15件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後