株式会社シマンテック

http://www.symantec.com/jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

193件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


Webキャスト

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?

エンドポイントセキュリティを再考しようという機運が高まる中、具体的にどう見直せばよいのか悩む企業は少なくないだろう。どのような視点で取り組むべきなのか。対策の理想型とは。専門家が具体像を示す。(2017/02/24)

事例

遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態

既存のセキュリティ手法では完全に防ぐことができず、ユーザーが気付かぬまま潜伏・拡散して被害が広がる標的型攻撃。これに対し、複合的な手法で検知・判定を行う高度なツールを専門知識なしに運用している住友重機械工業の事例を紹介する。(2017/02/17)

製品資料

ステルス性の高い脅威も排除、エンドポイント可視化で標的型攻撃を瞬時に検出

標的型攻撃にはさまざまな手法があるが、その多くがエンドポイントを狙うものだ。今や重要なシステムやデータを守るためには不可欠となったエンドポイントセキュリティについて、ステルス性の高い脅威まで検出する方法を紹介する。(2017/02/02)

製品資料

サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? メール防衛の最前線を解説

電子メールを通じたサイバー攻撃は依然として増え続けている。サンドボックスを識別して疑わしい挙動を見せないものや、悪質なリンクを潜ませるものなど、攻撃の巧妙さも増す一方だ。あの手この手のサイバー攻撃から、どう身を守ればいいのだろうか。(2017/02/02)

製品資料

なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか

脅威の多様化、巧妙化が進む中、セキュリティ対策の要ともいえる「エンドポイントセキュリティ」に変革が迫られている。それはなぜか。変えるとすれば、どう変えるべきなのか。(2016/11/30)

製品資料

ランサムウェア感染後の行動は? インシデント対応サービスに見る10の方法

ランサムウェア攻撃の被害にあったときの基本は「身代金を払わない」ことだが、その後の対応はどうすべきか? 万が一、感染した際に迅速なサポートが受けられるインシデント対応サービスを活用して、被害を抑制するための10の方法を紹介する。(2016/09/21)

製品資料

使いやすく強力な認証ソリューションが必要な「5つの理由」

ユーザーIDとパスワードという従来の要素を使わない、新しい「2要素認証」が注目されている。さらに、これをクラウドベースで行うサービスが登場した。こうした新しい認証方式を導入するメリットについて考えてみよう。(2016/09/14)

製品資料

クラウド上で多層防御を構築、企業情報を守るデータセキュリティの3つのポイント

クラウドを採用した企業は、管理負荷や導入コストの低減などの多くのメリットを得られる一方で、セキュリティ対策の方向転換を求められている。従来のような境界防御が困難となるなか、クラウドを安全に活用するための鍵となる技術とはどのようなものだろうか。(2016/09/14)

製品資料

クラウドメールの標準セキュリティで標的型攻撃やゼロデイ攻撃は防げるのか?

クラウドベースのメールサービスの多くは、マルウェア対策とDLP保護の機能を備えているとうたっているが、進化を続ける標的型攻撃やゼロデイ攻撃に対しては、わずかな部分でしか役に立たない。それでは、クラウドでの十分なメールセキュリティ対策とはどのようなものだろうか。(2016/09/14)

事例

「無印良品」の良品計画に学ぶ、顧客情報の漏えいを防ぐ監視と水際対策

顧客情報の漏えいを防ぐには、外部からの攻撃を防御するとともに内部からの漏えい対策にも注力する必要がある。従業員のミスによる漏えいの防止も含めたワークフロー構築には、何がポイントとなるだろうか?(2016/09/09)

193件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後