標的型攻撃


ホワイトペーパー検索
  
     

13件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


製品資料

株式会社シマンテック

エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は?

年間で数億にも及ぶマルウェアの亜種が発見される状況が続くなか、次世代のエンドポイントセキュリティ技術も次々と登場している。これらの技術を用いた多層防御を構築する上で、どのような点に注目すべきだろうか。(2017/08/02)

レポート

ファーストサーバ株式会社

急増する「脅威メール/標的型・ランサムウェア」あらゆる企業に必要な対策は?

国内でも被害が急増するマルウェア。あらゆる企業が対策を求められているが、サイバー攻撃に対して、活動範囲の全てを守るのは困難だ。効果的に防御するためには、侵入経路として最も狙われやすいポイントに絞った対策が有効だ。(2017/04/21)

技術文書

アイティメディア株式会社

「Windowsエラー報告」を不正侵入に悪用? 進化する標的型攻撃に挑むには

標的型攻撃の脅威が衰えを見せない中、企業はどのような視点で対策を進めていくべきなのか。ITセキュリティ責任者による座談会での議論や実際の攻撃動向を基に、そのヒントを探る。(2016/11/08)

技術文書

アイティメディア株式会社

クラウドを“合法的”に攻撃? 「偽メアド」を使った危ない攻撃手法

クラウドの利便性を享受するのは、ユーザー企業だけではなく、攻撃者もまたしかりだ。クラウドの盲点を突く攻撃にどう対処すべきなのか。具体策を探る。(2016/11/08)

事例

パロアルトネットワークス株式会社

IIJが徹底的にテストしたサンドボックス、決断の決め手は?

顧客向けにファイアウォールの運用を一手に請け負う「フルマネージド型ファイアウォール」を提供するインターネットイニシアティブ(IIJ)。標的型攻撃に対し、入り口部分対策として、厳しいテストに合格した「WildFire」の提供を開始した。(2016/11/01)

レポート

KDDI株式会社

今後のセキュリティ対策を左右するマネージドサービスの使い方

セキュリティの脅威が高まるにつれて、企業が自社だけで対策することは困難になりつつあります。その状況に対応していく新たなセキュリティ対策で注目されているのが、「マネージドセキュリティサービス」の活用です。(2016/09/15)

製品資料

株式会社シマンテック

クラウドメールの標準セキュリティで標的型攻撃やゼロデイ攻撃は防げるのか?

クラウドベースのメールサービスの多くは、マルウェア対策とDLP保護の機能を備えているとうたっているが、進化を続ける標的型攻撃やゼロデイ攻撃に対しては、わずかな部分でしか役に立たない。それでは、クラウドでの十分なメールセキュリティ対策とはどのようなものだろうか。(2016/09/14)

製品資料

株式会社プロット

ネットワーク分離環境下でのファイル授受、行政機関並みの安全さで行うには?

ファイルの受け渡しにUSBなどのメディアや無料オンラインストレージの利用を禁止している組織は多い。しかし、大容量ファイルのやりとりに対するニーズは増加する一方だ。そこで、ネットワーク分離環境下でも利用できるセキュアなファイル授受システムを紹介する。(2016/08/01)

製品資料

株式会社プロット

標的型攻撃の一番の対策は「見える化」、偽装メールはとにかく開かせない

標的型攻撃を対岸の火事と見ている企業は少なくない。しかし、過去には、ターゲットの周辺にいるセキュリティの甘い企業や組織が先に狙われた例もある。自社が情報漏えい事件の原因とならないためには、標的型攻撃を「見える化」する新たな対策が有効だ。(2016/08/01)

製品資料

株式会社シマンテック

Office 365やGoogle Appsのセキュリティを補完――クラウドサービスのメールセキュリティ対策

メールシステムを狙った攻撃が巧妙化する中、クラウドベースのメールサービスについても、セキュリティ上の問題点が指摘されはじめている。そこで、「Microsoft Office 365」などのクラウドサービスのセキュリティ機能を補完する方法を紹介する。(2016/05/23)

13件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後