AI/機械学習/ディープラーニング


ホワイトペーパー検索
  
     

13件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


その他

日本電気株式会社

AIを活用したソリューションの開発を支援――AIベンダーとの協業で得られる効果

AIを活用したビジネスが現実的となり、そのアプローチ方法が問われる時代になった。そこで注目したいのがAIベンダーとの協業だ。自社製品・サービスへの組み込みを支援するパートナー制度を提供するベンダーも現れている。(2017/10/10)

製品資料

日本電気株式会社

自社に最適なAI活用パターンは? 事例に学ぶAIの業務活用

さまざまな企業でAIの取り組みが始まっているが、実際に成果を出している企業は多くない。AIを活用することにより、業務の効率化、コスト削減、顧客満足度の向上、などの成果を挙げている事例を紹介し、その成功のポイントを探る。(2017/10/10)

製品資料

日本電気株式会社

実用段階に入った「AI」、実際にどんな業務に活用できるのか?

AI技術の中でも目覚ましい進化を遂げている「ディープラーニング」。これまでは、大規模なシステムや専門家の判断が必要だったが、AIに詳しくない情報部門や業務部門でも扱えるまでに実用化が進んできた。(2017/10/10)

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

ベンチャー企業に聞くWatson活用法――AIで自社サービスに「付加価値」を

ホテル・旅館の客室単価は多様なデータに影響される。曜日はもちろん、季節やイベントなどでも需要は変動するため、適切な客室単価を設定するのは容易ではない。その自動化を提供するメトロエンジン社は、どのようにサービス実現したのか。(2017/10/05)

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

未来の人材マッチング技術が現実に――AIを活用した就職・求人支援システム

製造業における人材確保は年々難しくなっている。そのような中、AIを活用して理工系学生の就活、技術者の転職、製造業企業の技術者求人を支援する人材マッチングが注目され始めた。人材マッチングの世界でAIが切り開く新たな可能性とは。(2017/10/02)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

ソースコードや仕様書まで自動生成、Watsonが実現する「超高速開発」とは

エンジニア不足、要件定義の複雑化などの課題を抱えるシステム開発業界で、今、「IBM Watson」を活用した自動化のアプローチが大きな関心を集めている。コグニティブ技術により実現される次世代「超高速開発」とはどのようなものだろうか。(2017/10/02)

製品資料

インテル株式会社

「機械学習」で膨大な情報を迅速に活用、ビジネスを進化させる分析手法とは

社内のデータベースに蓄積された情報だけでなく、クラウド上のデータやIoT機器などから送信されるデータなど、膨大な情報を迅速に分析・活用できる環境が求められ始めた。その環境を構築するための鍵となる技術が「機械学習」だ。(2017/09/21)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方

画像/音声認識や動画合成などで、人間に匹敵する能力を発揮し始めた「ディープラーニング」。その実装で重要となる「ためる」「整える」「学習する」という各プロセスを最適化できるハイパフォーマンスコンピューティング基盤を紹介する。(2017/08/08)

比較資料

GDEPソリューションズ株式会社

比較で検証、ディープラーニング専用機の処理能力と電力効率の可能性

今、新しいビジネスやサービスに関わるキーワードの1つが「ディープラーニング」だ。研究段階から実用フェーズに入っており、これを動かすハードウェアにも注目が集まる。専用機として設計された「NVIDIA DGX-1」や「日立製作所 SR24000/DL1」の性能を比較データで探ってみよう。(2017/01/30)

製品資料

GDEPソリューションズ株式会社

活発化するディープラーニング開発、その源となる専用機のパワーを探る

「ディープラーニング」技術によってAIは急速に進化し、実用的で身近なものになった。次々に活用したサービスが生み出される中、その開発や学習フェーズには大きなパワーが必要だ。実際にはどのようなマシンが必要なのか、その専用機の実態を探る。(2017/01/30)

13件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後