株式会社日立ソリューションズ

http://www.hitachi-solutions.co.jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

17件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


製品資料

製造業で進むサービスビジネスへの転換――収益を上げるための3つの課題とは?

モノからコトへという価値観の変化により、製造業はサービスビジネスへシフトしつつある。医療機器、産業機械、自動車という各分野のモデルケースから、顧客ニーズに応えながら、さらなる収益向上のためのIT基盤を明らかにする。(2017/09/26)

製品資料

製造業で進むサービスビジネスへの転換――IoT活用のための課題とは?

モノからコトへという価値観の変化により、医療機器や自動車などの製造業はサービスビジネスへシフトしつつある。サービスビジネスの立上げにIoTの活用は不可欠であるが、企業が抱える課題は何か? 現場部門の声からその実態に迫る。(2017/09/26)

製品資料

未知のマルウェアを高精度で検出、新しいアプローチによるエンドポイント対策

近年、爆発的に増加するマルウェア。その呼び水となる脆弱性も年に数千の単位で発見され続けている。従来のウイルス対策ソフトが限界を迎えつつある中、高度な標的型攻撃を防ぐには、新しいアプローチによるエンドポイント対策が必要だ。(2017/03/15)

製品資料

未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」

新種のマルウェアが日々発生する今、エンドポイントセキュリティの主眼は「未知のサイバー攻撃を防ぐ」ことにある。定番だったアンチウイルス製品に代わるセキュリティ対策には、どんな機能が必要なのだろうか?(2017/03/10)

製品資料

そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善

マイナンバー対策は既に完了したと考えている企業の中にも、マイナンバー業務環境のセキュリティや利便性に課題を抱えるケースが見られる。これらの企業が、既存システムを維持したまま低コストで課題を解決するためには、どのような方法が考えられるだろうか。(2016/07/21)

製品資料

マイナンバー対策を再点検、安全管理措置の技術的4条件は満たせている?

事業者向けに公開されているマイナンバーに関するガイドラインでは、「安全管理措置」として技術的な条件が4つ示されている。マイナンバー対策では、この4つの条件を全て満たすことが求められるため、自社の対策に不備がないかあらためて確認したい。(2016/07/21)

製品資料

協力会社や取引先に重要情報を渡さないと仕事にならないケースで、万が一漏えいしたら機密回収は可能か?

図面などの技術情報を製造会社と共有したり、メンテナンスマニュアルを代理店に公開しないとビジネスが進まない、というケースは国内外を問わずよくある。では、こうしたビジネスプロセスにおいて機密を確保するにはどうすればいいだろうか。(2015/09/11)

事例

日本の技術情報を守る方法とは?〜経産省、エプソンの機密情報を保護するドキュメント管理ソリューション〜

元従業員による不正な情報持ち出しが後を絶たない。持ち出された情報はもう取り返せない……と考えていないだろうか。本項では、持ち出された文書の利用を「後から」停止でき、万が一、情報漏えい事故が発生しても被害を最小に抑えるドキュメント管理システムを2つの事例から紹介する。(2014/03/24)

製品資料

電子メール3つの課題 なりすまし、情報漏えい、運用コスト増大の解決方法

なりすましやスパムなどの迷惑メールの増大、宛先や添付ファイル間違いによる誤送信や情報漏えい、そしてシステム運用コストの増大。企業の電子メール運用の3大課題を解決する選択肢となり得る電子メールソリューションの全貌を紹介する。(2013/12/10)

技術文書

スマートデバイス対応の大容量Webメール、低コスト運用の秘訣は?

クラウド対応やスマートフォン対応など、メールシステムに対する要求は日々増している。メール移行を考えるなら、メールデータの効率的かつ低コストな運用も実現したい。これまでのメールストレージの課題を一掃するにはどうすればいいか?(2013/11/07)

17件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後